Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

インド音楽修行・報告記① 聴くことが全て It’s all about deep listening 👂

途中、シンガポールへ寄って

インドから帰ってきています🇮🇳

f:id:izumi-negoro:20190312112652j:image

 

 

 

エトワールの生徒さんや、

コンサートのお客様にも

応援して頂いて行ってきたインド修行。

 

本来ならインドから帰ってすぐに

報告を書きたかったのですが…

ちょっと時間がかかりました。

 

それは、さながら軽い

インドショック  

とでも言いましょうか、

 

あまりにも

今回勉強したドゥルパド(北インドの古典音楽)が

深い世界のため…

 

6日間のレクチャーではほんとに触りというか、

まるで大海原に放り出された子どものような気持ちとでも言いましょうか笑

 

もちろん、歌も習いましたし(それこそ6日間かけて!!)

みなさんにお伝えできない部分がないわけではないのです。

 

ただ、前にも書いた通り

アーーーという単音だけで1時間(!)発声練習したり、

音階が22あったり  

季節ごとに歌って良い調が違ったり…

 

かなり特殊な世界というか

みなさんにお伝えするには、

私が体感として理解していなければ

語れないな、と思っていたのです。

 

そう、つまり私が習ったことは

単に曲を習うとか、上手く歌うとか

インスタントな技術ではなく

インドの長い歴史で培われた

ひとつの叡智とでも言いましょうか。

 

本物は決して即席に、

インスタントに出来てはない。

という事だと思います。

www.youtube.com

(今回教えてくれたウダイ先生)

studioetoile.hatenablog.com

 

 

でもでもでも!

先にお伝えした通り

私はここで習ったことを

エトワールで活かしたくて行ったのです😂 

 

何となく変わった!ではなくて

具体的にお伝えできなくてはなりません。

 

私はインドから何を持ち帰って来れたのだろう??

それならやっぱりアイルランドとか、

馴染みのある国に行けば良かったのかな…

 

なんてちょっと思ったりしてました😅

 

私の師匠であり、

今回のコーディネーターの

シルビア先生は

 

「譜面がなく、かつ複雑なドゥルパドは、

つまり、ディープリスニングの世界。

耳がすごく良くなるわよ。

これで、あなたがクラシックを歌うときも、

細かいニュアンスを聴き取って自分のものにできるわよ」

f:id:izumi-negoro:20190312112725j:image

studioetoile.hatenablog.com

 

と言っていただいたのですが、

果たして果たして…🙄❓

って感じだったんですね。

 

で、今日。

3月の舞台で歌うバッハの曲を練習していたら…

 

あれ…?

 

なんか、

 

なんか!!

 

前より歌が自由になってる気がする!!

 

するするっと声が出て行って、

音のニュアンス付け、

細かい音階の移動などがとてもスムーズです。

(そりゃ、22も音階移動してたら、スムーズだよね😅笑)

 

私が現在感じていることは2つ。

 

長くなってきたので、次の記事で、お伝えしますね!

www.youtube.com

(私が習ってきた曲のひとつ。シヴァ神の歌、これを覚えるのに6日かかりました。。)

/* フッター */   #bottom-editarea {    width: 100%;   margin: 0 auto;   background: #7f8c8d;    padding: 0;   color: #fff;   display: -webkit-flex;   display: flex;   -webkit-justify-content: space-between;   justify-content: space-between; } #footer { text-align: center; color: #fff; background: #676F74;