Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

京都のヨガ・オブ・ボイスへ

f:id:izumi-negoro:20180609225946j:image

今朝から、声のWS受講のため

京都に来ています🚄

 

とは言え、ほぼ篭りきりで

観光らしい観光はまだしていないのですが😅

 

今回は、

シルビア・ナカッチ先生という

歌手の方に会うのが目的でした。

 

この方は、なんと

グラミー賞にノミネート経験もある

すごい人。

 

ヨガ・オブ・ボイスと言う

声を自由にするためのメソッドを

確立された方です。

 

私はもともと、合唱や

いわゆるクラシック的「声楽」の訓練を

受けて来ました。

 

でも、そこは技術的な正しさが

物差しとなる場所。 

 

練習して練習して、

ダメ出しされて、

たまに褒められる…

そんな感じです。

 

確固たる「良い・悪い」

が存在するため

それに向かってひたすら訓練です。

 

プロになりたい人はもちろん

そういった訓練が必要ですが…

 

本当はもっとみんな

気軽に歌いたいんじゃないかな?

 

世界に1つだけの自分の声と向き合って、

自分の良さを知る…

 

そのニーズに応えられるレッスンは

まだあまり無いんじゃないかな?

 

そう思って始めたのが

エトワールでした。⭐️

 

***

そうやって、エトワールでは

「自由に歌ってもらう」ために

色々なトライをして来ましたが

 

私自身がクラシカルな訓練しか知らないため、

もっと幅を広げたらいいんじゃないかな?

と思って今回参加してみました👏

 

まあ、枠をぶち破りたかったんですね👊笑

 

初日から、

 

・声を自由にするために、「歌わない」(歌うことを「忘れる」)

・Trust(信頼する)

・息に「ついていく(follow)」事だけに集中する

 

などなど、普通の声楽のレッスンでは

聞かないワードがたくさん!

 

インドなど、世界中のマントラ、

祈りの言葉なども

ひたすら歌っていきます。

10分以上、ひたすら唱え続ける。

 

想像はしていたものの、

やはりカルチャーショックです🤯笑

(ショックを受けるために来たのにね…笑)

 

WSは明日まで。

そのあと、個人レッスンも受講します。

 

ショックをどう活かして行けるか?

今は、ただただ全身を

ヨガ・オブ・ボイスの空間に浸して

インプットの時間としたいです。

 

では👏

 

 

 

/* フッター */   #bottom-editarea {    width: 100%;   margin: 0 auto;   background: #7f8c8d;    padding: 0;   color: #fff;   display: -webkit-flex;   display: flex;   -webkit-justify-content: space-between;   justify-content: space-between; } #footer { text-align: center; color: #fff; background: #676F74;