Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

「大きな声」は目指さなくていい 〜音量と、「通る声」の違い〜

みなさま、こんにちは☺️

スタジオ・エトワールの根来泉です。

 

セッションが終わりひと段落。

GWは個人レッスン以外、

お休みしてましたが

ぼちぼち歌コラムも更新です✍️

 

今日は、

「声が小さいんです…」

 

というお悩みについて。

 

このフレーズ、本当によく聞きます。

 

私の考えから言うと、

 

「大きな声」は目指さなくて大丈夫🙆‍♀️

「通る声」を目指そう!

 

 

***

音量(ボリューム)がないと

聞こえないと思っている人、

多いと思いますが。。

 

音量はさほど問題じゃないんです。

今の時代はマイクもあるし🎤♬

 

むしろ、声量を大きくしようと思って

力づくで声を出してしまうことが危険です🙅‍♀️

声帯が傷んでしまいますよ〜。

 

「通る声」というのは、

なんとも曖昧な言葉に思えますが😅

 

身体に無理な負荷をかけず、

声を届けたい相手に

きちんと届いている声です。

 

「伝わる声 / 届く声」

と書き換えても良いでしょうか。

 

じゃあ、どうやったら

この「通る声」が出るのか?というと、

私の考えるポイントは4つ。

 

***

①身体を一本の管のようにして、

呼吸を妨げるものがなく、スムーズに流れている。

 

②身体と同じように、舌もリラックスした状態でいる。

(緊張すると、舌の根っこが上がって、呼吸が妨げられてしまうため)

 

③届けたい相手がイメージできている

(例えば、ホールの最後列にいる人まで届け!という「意識」の問題)

 

④響き(倍音)が豊か。

***

 

①②の通り、

「呼吸」によるところが大きい、

というのがお分かりでしょうか。

 

先日の「筋肉と歌」で紹介した

新妻聖子さんのコラムにも

「息が歌の燃料」という文章が出てきますね。

studioetoile.hatenablog.com

 

 

呼吸くらい出来てる!

と思うかもしれませんが、

 

そう…びっくりすることに、

出来てないんですよ☺️笑

 

日々の生活ではどうしても、

呼吸が浅くなりがち。

 

そこに身体の歪みや、

心理的なこと、

色々な要素が絡んで

深い呼吸がとても難しくなっています。

 

③はイメージの問題ですね。

その場合、近くではなく、

1番遠い場所にいる人をイメージするだけで声の飛び方って変わってきます。

 

④の響きについては、文字にするのが難しいので、レッスンで聞いてくださいね😅

f:id:izumi-negoro:20180517210237j:image

 

かくいう私も、

声量としては、

すごく大きい訳ではありません。

 

もっとパワーがあって、

バリバリ声が出るタイプの歌手も周りにたくさんいました😢

 

でもある時、共演者の人に

「泉さんの声は、大きいというより

遠くまで通る声だよね」

と言われてから、腑に落ちて、気にならなくなりました💡

 

声のタイプは人それぞれ。

ボリュームがなくても、心に響く声を持っている人はたくさんいます。

 

(ボサノバで有名な小野リサさんなどもそうですね☺️)

 

音楽の時間に言われた

「大きな声で歌おう!」

という概念に

とらわれ過ぎているのかもしれませんね。

 

「通る声」をめざしながら、

あなただけの声をめざして

解きほどいていってくださいね☺️

 

それでは!

 

😊Facebook(オフィシャルページができました!)

https://www.facebook.com/Izumi-Negoro-根来泉-478224065883774/

🎵根来泉SoundCloud
https://soundcloud.com/izumi-negoro

🐥Twitter
https://twitter.com/izumi_negoro

 

 

/* フッター */   #bottom-editarea {    width: 100%;   margin: 0 auto;   background: #7f8c8d;    padding: 0;   color: #fff;   display: -webkit-flex;   display: flex;   -webkit-justify-content: space-between;   justify-content: space-between; } #footer { text-align: center; color: #fff; background: #676F74;