Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

自分に合う歌は、どうやったら見つかる?

f:id:izumi-negoro:20171208230435j:image

前回書いた

「身体に合う曲、合わない曲」

という記事、たくさんの反応を頂きました😊

ありがとうございます✨

 

その中で

「自分に合う歌は、どうやったら見つけられますか?」という質問を頂きました💡

 

そうですよね。

みんな「自分の声にハマる歌」に出会いたいですよね🤔

 

私は、得意なレパートリーが

ほぼ固まってきている時期だったので

 

私なりに、昔のことを思い出して考えてみました💡

 

***

★身体に合う歌って?

元々その人が持っている  

得意な音域、

声の質感、

またキャラクターなどが

ぴったりハマる歌のこと。

 

例えばカラオケでも、

「この歌手の曲は歌いやすいんだよね♬」

とか、ないでしょうか?🙄

それの拡大版と思って頂くと、分かりやすいかと思います。

 

もちろん、歌の熟練度や

年齢などによっても多少変化します。

 

(歌うときに、

身体を深く使えるようになると

当然可能性は広がりますし

 

年齢を重ねると声域も変化し、

また、人生経験によってハマる歌も変化します^^)

f:id:izumi-negoro:20171208231009j:image

 

★どうしたら見つかるの?

私の考える「見つけ方」は3つ。

 

①とにかく色んな歌をうたってみる。

歌ってみると意外といける→もっとその曲が好きになる…というループ。

 

まだあなたが知らないジャンルや、曲に隠れてる可能性があります。

好き嫌いせず、色々歌ってみましょう♬

 

②人からオススメされた曲にトライする

これは、けっこう有力かもしれません。

 

思えば、

現在の私のメインレパートリーは、

ほとんど勧めてもらったものです。

 

そもそも、

古楽というジャンル、

またよく歌うアイルランド民謡なども…🇮🇪

 

リュート奏者の友人に勧められていなかったら、

足を踏み入れなかったと思います。

(しかも、最初はふーん?🙄ってイマイチな反応でした笑)

 

思い返すと、

友人というよりは

ピアニストさんや、ギタリストさん。。つまり

共演者からオススメされたものが多い気がしますね🎶

 

やはり、

歌は「自分の声が客観的に聞けない」楽器ゆえに

共演者の方って、

自分以上に自分の声を感じてくれているんだなあ…と時折思います。

 

(ほかのボーカリストさんとも良く共演している方なら、

比較対象があるので尚更ですね。)

 

歌の先生や、レッスンに一緒に通っている方でも良いと思います🙆

意見を聞いてみてはどうでしょう💡

 

③まずは練習をつづけてみる

最初から天性のもので

何でもスラスラ歌える人は稀です!笑🤣

 

スポーツ選手が1日にして

筋肉を鍛えることができないように、

 

また1日にして

英語が喋れるようにならないように、

身体や声は、育ててゆくもの。

 

その過程で、

以前パッとしなかった歌が

ハマるようになったりもするものです。

 

とはいえ、楽しむことが大事🎶

 

①に戻りますが、

色々な曲にチャレンジするうちに、

違う方面のテクニックや音域が使われて、基礎力も伸びるもの😊

 

自分を信頼して、歌っていきましょう🎶

 

***

今日は、みんなが知りたい?

「自分に合う歌の見つけ方」

について書いてみました_φ(・_・

 

エトワールでも、これから

基礎はクラシック寄りの発声におきつつ、

ミュージカルや、

マイクを使ったポップスなどなど…取り上げて行く予定です🎶

 

歌ってみたい曲があればぜひ、

教えてくださいね😊

 

😊Facebook(オフィシャルページができました!)

https://www.facebook.com/Izumi-Negoro-根来泉-478224065883774/

🎵根来泉SoundCloud
https://soundcloud.com/izumi-negoro

🐥Twitter
https://twitter.com/izumi_negoro

 

/* フッター */   #bottom-editarea {    width: 100%;   margin: 0 auto;   background: #7f8c8d;    padding: 0;   color: #fff;   display: -webkit-flex;   display: flex;   -webkit-justify-content: space-between;   justify-content: space-between; } #footer { text-align: center; color: #fff; background: #676F74;