Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

心と歌声のブロックを外す 〜イタリア歌曲を歌ってみよう〜

f:id:izumi-negoro:20170913133356j:image

今日のレッスンには、ご自分で作った曲を見てほしいとのお持ち込みの方が☺️🎼

 

パッション溢れる愛の歌だったので
一通り歌ったあと、

やはりパッション溢れるイタリア歌曲🇮🇹でexpressivo (※音楽用語で表情豊かに・感情を込めての意)の練習を。

 

イタリア歌曲は度々レッスンで使いますが、大体の場合、

 

難しそう!私には無理!😂

 

と言われます。

 

歌がオペラに近くなるのと、

英語だって分からないのにイタリア語なんて、、

というのが敬遠される理由みたいですσ(^_^;)


でも、「帰れソレントへ」「Caro mio ben」などは、音楽の教科書にも載ってますし(きっと試験で歌わされたはず!☺️)

youtu.be

www.youtube.com

(世界3大テノールの1人、パヴァロッティによる「帰れソレントへ」と「Caro mio ben」)


発音はアルファベットに近く、思ったより簡単です😃

見たまま発音が多いため、むしろ英語よりシンプルなくらい。

 

何より、

名曲は歌の盛り上がりと歌詞がうま〜く噛み合ってるので
ラララで歌う方が難しいくらい😂

 

 

言語にはそれぞれ特有の個性があると思います。

 

日本語はやはり、

もののあはれと言うか、奥ゆかしく、柔らかいので

 

意識せずとも

感情表現の幅が狭くなりがちな面もあると私は思ってます。

 

(その代わり、繊細な表現をしたい時、自然の美しさ、やはらかさを歌いたい時には、持ってこいだと思います🌸)

 

表現の幅を拡げたい時、イタリア歌曲を一度歌ってみると良いですよ☀️

 

この時大切なのは、

完璧に歌うことではなく

イタリア歌曲を歌うことによって外れる、心と歌声のブロックみたいなもの🇮🇹💛

 

元の歌に戻った時、表現力豊かになったのを感じると思います^^

 

そして、私でも歌えるんだ!という自信にもなります💪←ここ重要💪

 

ぜひ、お試しくださいね。

 

レッスンではこんな風に、一見難しそうな曲も

分解して分かりやすく見ていきますので

 

ぜひイタリア歌曲うたってみたい!とお申し出くださいね😃🎼

 

それでは!

 

🎵根来泉SoundCloud
https://soundcloud.com/izumi-negoro

🐥Twitter
https://twitter.com/izumi_negoro

😊Facebook

https://www.facebook.com/Izumi-Negoro-根来泉-478224065883774/

/* フッター */   #bottom-editarea {    width: 100%;   margin: 0 auto;   background: #7f8c8d;    padding: 0;   color: #fff;   display: -webkit-flex;   display: flex;   -webkit-justify-content: space-between;   justify-content: space-between; } #footer { text-align: center; color: #fff; background: #676F74;