Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

やっぱり、

ここのとこ、施設訪問演奏する事もあり「ふるさと」「夏は来ぬ」などの唱歌をよく歌っています。

f:id:izumi-negoro:20170429215936j:plain

 

ふるさとなんか、合唱部の時も含めて数えきれないほど歌ったけど
名曲って、名曲って。。

 

何度歌っても新しい発見があるし、
新しい感動がある。

 

メロディが良いとか、歌詞がグッとくるとか、名曲は名曲たる所以があると思うけど
私が感じる1番の理由は「歌詞と音楽の結びつき」だと思うのです。

 

「春の小川は さらさら行くよ」とか最強だと思う🌸
「さらさら」は、無声子音のsをちょっぴり目立たせると「さらっ」と感が出て、良いよね🙆

(動画は、春の小川ではなく朧月夜ですが

柔らかな日本語の読み方が必要とされる、奥深い曲です🌸)

 

それぞれの言葉の響かせ方を変えるだけで、ものすごいバリエーションができるし
浮かんでくる情景も、
生き生きとしたふるさとなのか、
追憶のふるさとなのか、
違ってくるのが面白いところ。
(こちらは、昨日のグループレッスンのみなさまが体現してくれて、お見事でした☺️)

 

それはサリーガーデンやグリーンスリーブスなど海外の民謡でも同じ。

 

シンプルな中に潜む奥深さ。
やっぱり基礎ですねー😃

 

誰もが知っている曲を歌って、
その曲の知らない一面を見たとハッとしてもらえるような
そんな風になりたいなー。

そして、明日から仕事と私用を半分ずつ兼ねて、

台湾に行ってきます✈✨

 

***

唱歌ではないですが、「瑠璃色の地球」歌いました🌎✨

ジャンルとしては歌謡曲系ですが、名曲ですものね。こちらは7/9に京都で歌います♫