Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

誰でも、自分の声が世界最強!

f:id:izumi-negoro:20170325141211j:image

春めいてきましたね🌸ということで、ごきげんなアイキャッチ画像でお送りします👼!笑

 

今はプチ仕込みの時期。

4月16日の七社神社ご奉納に向けて、音源作りを進めています。

来週は、レコーディングも。

表に出る(ライブする)時期と、仕込む時期(準備したりレコーディングしたり、レッスン受けたり)を上手く組み合わせて、枯れないように、でも音楽という源泉は絶やさないように、進んでいきたいです🗓💮

 

さて、今日はエトワールらしいトピックを1つ。「自分の声のパワー」を上手く活用しましょうというお話しです( ˆoˆ )/

 f:id:izumi-negoro:20170325145106j:image

ここのところ、なぜダンサーや画家など他のアートジャンルよりも

ミュージシャンはカリスマになりやすいのか考えていました。

もちろんダンサーや画家でもカリスマはいますが、一般的な名前を挙げて下さいと言ったらどうでしょうか。

マイケル・ジャクソンやビートルズはもちろん、ディーバ系ならレディ・ガガ、ビヨンセ、サラ・ブライトマンなどなど。

(もちろん声を使うという事と相まって、政治的思想を伝える事にもなり易いのですが、ひとまずそれは置いておいて。)

 

本番歌っていると、だんだん会場の雰囲気が1つになるのを感じます。

始めはバラバラだった個々の空気が調和してくるんですね。

嬉しい気持ちで来た人も、ヒリヒリした想いを抱えて来た人も、心配事の只中にいる人も、いるでしょう。

 

でもそれが、演奏を聴くうちに「調律」されてくるんです。

 

演奏を通じて会場が一体になり、皆が心地良い状態へとアップする…

これが、音楽(とくに生演奏)のパワーだと私は感じています。

そして声は楽器を通さない分、ダイレクトに伝わります。

 

(だからこそ、演奏者はいつも自分を整えておかなくてはならないし、

自己満足で終わる演奏はしてはならないと思う。)

 

声はその人そのもの、エネルギーの源泉です。

ハートにとっても近い位置にあるんです。だからショックを受けると声が出なくなったり、心と声は切っても切れない関係にある。

 

私はそれが、ミュージシャンという人種がカリスマになり易い  1つの要因じゃないかなあと思います💡

 

でも、カリスマでなくても  本来誰にとっても自分の声は本来のピュアな自分と触れ合うツールです。

そんな声のパワーと触れる方法を、次回書きますね( ˆoˆ )/

ではでは、お読みくださりありがとうございました🌸