Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

自己表現という枠を超えて

昨日は、舞の美保子さんもお迎えしての練習。

舞が入ると、歌っていても、空間が立体的に立ち上がるのを感じます☺️

コラボって嬉しいなあ。

 

15日は満員御礼となりましたが、ピアノの背面席を5席、B席として設けることになりました。

詳しいご案内は祈りうたイベントページをご覧ください⛪️🌟

f:id:izumi-negoro:20161210013003j:image

(その後に訪れた東中野にあるsilent musicというギャラリーにて、飛び入り演奏させて頂きました🌟15日のプログラムより2曲。素敵な作家さんの作品に囲まれて贅沢なひとときでした😹)

 

f:id:izumi-negoro:20161210013346j:image

 

今日はちょっとだけ真面目な話٩( ᐛ )و

先日のラジオ収録でもお話しさせて頂いたのですが、

「自己表現」という言葉について考えることがあります。

 

歌や踊りをしていると、

「自己表現できていていいね」と言われることが時々あります。

f:id:izumi-negoro:20161210014248j:image

 

世の中にはそういうタイプの表現者の方もいるだろうし、あながち間違った表現でもないのかもしれませんが

 

私は常に自己という枠を超えた気持ちで人前に臨んでいます⚪️

 

それは、例えば天からの贈り物や先人たちの美しい音楽、自然や音そのものの美しさ…🌿🌸🎶

自分を通じて、伝えることができたら良いなと思っているので

どちらかと言えば「媒体」の役割を果たしている気持ちでしょうか。

 

「自己表現」という言葉だと、なんだか自分を中心とした、狭い言葉のように感じてしまうのは私だけでしょうか😅

お客様のことを考えない、自己満足に近い言葉、と言うと語弊があるかな、、

 

f:id:izumi-negoro:20161210155404j:image

 

もちろん、趣味としてパフォーマンスする場合には、自分らしさを表現する事って素晴らしいと思います☺️

現にエトワールでは、その人らしさ、を大切に楽しんでいただく事を第一にしています🌟

 

でも、お客様を前にパフォーマンスする時は、一度その「こうしたい」という自我の枠を取っ払う必要があると思います。

自分を透明にしたその先に、自分を超えた何か、もっと壮大なものと通じ合える瞬間がある。

 

自分を通じて、みなさまがその

人を超えた、深遠な美しさに

触れることができたら幸いです☺️

 

それでは、よい週末をお過ごし下さい🌟お読み頂き、ありがとうございました☺️