Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

音は生きもの。〜生演奏にはパワーが宿る〜

今月26日に上演する サントリーホール30周年記念事業公演「祝水 -はふりのみず-」

リハーサル1日目が終わりいま帰ってきました😊

この作品は舞が中心の総合芸術舞台ですが、

8人の音楽家による生演奏も大きな魅力の本公演、毎回歌っていてもうっとりしてしまいます・・♡

(*「祝水」サントリーホール30周年記念事業公演ページはこちら)

 

f:id:izumi-negoro:20160917194252j:plain

 

この作品は6月に東中野にある梅若能学院会館というところでも上演しているのですが、その時は舞台上の制約でほとんどが録音でした。

(能舞台は繊細な檜で作られているため、大きな重い楽器は置いてはいけないのだそうです。)

 

なので、ピアノの録音と声、というような組み合わせもあったのですが

最後の最後まで「うーーん曲に気持ちを載せきれない・・」という部分がありました。

ずっと曲をつかめないのは私のせいだと思っていたのですが、今回生音になって歌いやすさが倍増!「ああそうか、録音(電子音)だからだったのかな」って思いました。

f:id:izumi-negoro:20160917194826j:plain

  

そう、「音楽は瞬間芸術」という言葉があるくらい、音は生きものなんです。

その時その場で、そのお客さんが居るからこそ創れる音があります。

(お客さんお一人お一人が、その空間を作って下さる、重要な役目を背負っているんですよ^^)

だから毎回打合せどおりには行かないし、譜面通りにも行かない。それが音楽(ライブ)です。

で、それが録音だと「その時湧き出た気持ち」に応えてくれないので、どうしても難しいな〜・・ってなってしまうんですね。

もちろん録音じゃないと作れない音楽もあるので、それはそれで素晴らしいのですが🌟

 

みなさんは生演奏で歌うことってあるでしょうか?

カラオケならあるんだけど・・とか、

学校の音楽の授業以来・・という方もだいぶ多いです。

私は、もっとこの「生音のパワー」を体感して頂きたいなって思っています。

だってそれが「その時その場所で、あなたにしか創れない音楽」だから。

 

そして、生音には更に不思議なパワーがあって、

自分ひとりの練習ではできなかったことが出来ちゃうんです!

「あれ?急にここ声出るようになったな」ってことが良くあります。

 

音が自分の限界を超えて、遠くまで運んでくれるんですね^^

 

音は生きもの。

スタジオ・エトワールでは「生演奏で歌っていただくこと」

を大切なコンセプトにしています。

 

たくさん生の音楽に触れて、限界を超えていきましょう🌟

 

-------

Studio Etoile

9月の予定はこちら