Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

歌う時に大切な要素って? 〜テクニック編①〜

f:id:izumi-negoro:20160913205038j:image

今日は少し論理的な話です☺︎

テレビを見たりすると、あの歌手は歌が上手い、下手…などなど言いますが、何が基準なんでしょうか?

 

今日は私の考える「歌を構成している要素」について、紹介していきます(*^^*)

1つずつ掴んでいけば、きっと素敵な、あなたらしい演奏ができるようになるはず?

 

* .。・*.。・*.。・*.。・*

〜私の考える、歌を構成する要素〜

①音程

②フレーズ感

③発音

④強弱

⑤ハート♡

⑥その他、視覚的な要素(姿勢、表情、しぐさ、オーラ✨ヘアメイクや衣装、などなど)

 * .。・*.。・*.。・*.。・*

 

上から少しずつ見ていきましょう。

①〜④はテクニックの話、⑤⑥は心や付加的な要素(でも超大事!)です。

 

①音程

音を正確に取れているかどうか。

ピッチとも言いますね。これが合っていないと、「音痴」と言われたり、絶対音感がなくてもなんとなく違和感のある演奏に聴こえます。

(音痴についてのしくみは、また今度書こうと思います☺︎)

 

私が本格的に歌い出した時、先に行っていた友人に言われたこと。

「1に音程、2に音程、3,4がなくて5に表現」

 

まあそれくらい、ピッタリの音程が取れるのがプロという助言でした。

音程が取れる、というのはイコール音感でもあるのですが、

・「音を正確に聴く感覚」と、

・「音を正確に出せる感覚」

はまた違うものなので、そこはやっぱり実践しながら磨く必要があります。

 

(「お金を稼ぐ能力」と「管理する能力」が似てるけど別物みたいな感じかな??)

 

ちなみに、あくまで私の印象ですが

歌やピアノの人よりも自分で調弦する楽器の人(ギターとか)の方が、音程に厳しい印象があります(^^;;

 

 ②フレーズ感

ひとつのフレーズを流れるように歌えているか?という要素ですね。

 

「この星に生きるいとしさと1つになりたい」という歌詞があったとして、

 

「この星に生きるいとしさと (v) ひとつになりたい」と歌えれば○ですが、

※ (v)はブレスの記号

 

「この星 (v) に生きる (v) いとしさと (v)  ひとつになり (v) たい」

って歌われたら何も伝わらないですよね\(^o^)/(この歌詞は、深見奈央ちゃんの「マーメイドのうた」主題歌より♡)

 

影絵コンサート「マーメイドのうた」主題歌 - YouTube

 

小節中のどこでブレス(呼吸)するか、という話でもあるし、

もっと言えば

演奏中、ちゃんと息を吸って吐けているのか?

という根本的な話になります\(^o^)/

 

これが意外と難しいんです。演奏中っていうか普段の呼吸から見直さないと!ひゃー!?って感じでした。

 

 (※ちなみに呼吸は全ての基本になりますが、構成要素とかそれ以前の土台なのでリストには入れませんでした!)

 

今日は、一旦長くなったのでここまで⭐︎

続いてテクニック編②(発音、強弱)に続きます😃