Studio Etoile🌟スタジオ・エトワール

「声を通して自分を解放し、自由に表現できる場所」を目指して活動しています。

歌のはなし

夏はお休み?舞台のハイシーズン🌻

隙あらば夏を満喫しています 先日は休暇を取って、秋川渓谷を再訪したのですが、涼しくて川には入れず 代わりに滝までウォーキングしました 私は水遊びが大好きなので、できる限り夏は泳ぐことをモットーにしてます‍♀️ 泳いだ後の、有無を言わせない疲労感が…

喉は1つ、声は2つ

(撮影:唐亨 Toru Kara) 最近レッスンでみなさんにお話しすると、びっくりされるトピック。 それは、 「声には2種類あり、普段の話し声である地声と、歌声(裏声)は違う」という話です。 私は中学の頃から合唱を始めて、常識だと思っていたのですが 違う…

やっぱり、

ここのとこ、施設訪問演奏する事もあり「ふるさと」「夏は来ぬ」などの唱歌をよく歌っています。 ふるさとなんか、合唱部の時も含めて数えきれないほど歌ったけど名曲って、名曲って。。 何度歌っても新しい発見があるし、新しい感動がある。 メロディが良い…

「人ではない役」の声を出すには? 〜歌のキモはイメージ力・直感力・身体能力〜

昨日は、去年ちょこっと出演した「影絵ミュージカルNIJI」にて 次回の公演「MOMO」に出演するキャストさんに歌を教えに行ってきました (写真は、去年出演した「マーメイドのうた」マーメイド役でした影絵って、やっぱり幻想的で綺麗╰(*´︶`*)╯♡) 私は最近…

伴奏は「命綱」 〜あなたの声に合った伴奏楽器・奏者さんを見つけよう〜

歌にとって避けられない話題、それは伴奏。自分の歌が上手く聞こえるか、下手に聞こえるか…歌手にとって伴奏とは単なる「音を添えてくれるもの」ではなく、「命綱」と言っても過言ではありません。 だから、伴奏楽器や演奏者さんを変えてみると、ガラッと上…

私の音楽武者修行

仕事でも習い事でも何でも、何かを極めるには 我を忘れて打ち込むことが必要な時期があるように 音楽という現場も、何から何まで「やってみる」武者修行の時期が必要なのね、と最近ある人に相談して思いました ここ1年、ありがたいことに元々いた古楽以外の…

喉のための救済アイテム

喉の調子を良くするにはどうしたら良いですか?とよく聞かれます 私たちは身体が楽器のアスリートのようなもので、いくら練習を積んでも避けられない、コンディションの壁。 色々なアイテムを使う以前に 心身ともに健康であることが1番大切ですが、 人によっ…

スタンダードの魅力 /「もののあはれ」DNA

3月になりましたね 2月は短いからあっという間でしたが、、 今週末、3/5(日)は珍しく誰が聴いても楽しめる、スタンダードな曲ばかりを歌い手トリオで演奏します。 「ムーンリバー」「Fly me to the moon」「春の小川〜朧月夜」「花は咲く」などなど お席ま…

1周年を迎えて 〜やりたい事はやりたい事を連れてくる〜

音楽活動に本腰を入れて、1年が経ちました。 まだよちよち歩きというか、あっち行ったりこっち行ったり、時にぶつかって倒れたりしてますがw それでも1年、たくさんの想像を超える公演に恵まれて 自分だけではなし得ない 「圧倒的な経験」 「有機的な成長」…

生演奏か、録音か? 〜音楽家にもタイプがある〜

デジタルで簡単に音楽が聴けるこのご時世、でもやっぱり私は生演奏が好きですヾ(๑╹◡╹)ノ" 出演者のエネルギーそのまま、ダイレクトに受け取る感じはやっぱり録音にはないと感じます。 それに音楽はいったん電気を通すと、音に細かいピリリとした亀裂が走るよ…

身体が楽器 〜フィットする歌と、そうでない歌の違いは?〜

先日は、よりこさんが出演する 日南田淳子さんの個展・ニューイヤーパーティにて、少し歌わせて頂きました 音楽に合わせたライブペインティングもあり やはり異分野コラボは楽しいですね。 (日南田さんの描き上げた天使の羽?) さて、先日は無事にネットラ…

神様へのラブレター💌 〜聖なる歌の心の置き方〜

12月に入りましたが、暖かく 紅葉もまだ楽しめる季節ですね 週末は、15,16日の曲を覚える合間に 近所のキリスト教関係の場所で美しい紅葉を楽しんできました☺️ (新曲が多いので、久しぶりに試験勉強のごとく追われて覚えてますちょっとした現実逃避笑) キ…

声は筋肉! 〜歌が下手だと思っているあなたへ〜

さて、私の事とスタジオの事を少しお伝えしましたが ここからは具体的に、歌いたいな〜でも勇気がないな〜と思っている方に向けて発信していきます* 「歌が下手なんです。こんな私でも大丈夫ですか?」 とよくお申込みをされる方に言われます。 私の答えは…